デリーケートゾーンの黒ずむ原因と予防法はコレ!

デリーケートゾーンの黒ずむ原因はコレ!

イビサクリーム口コミ
私はエステに通ってから黒ずみに気がつきました。

 

施術中にスタッフに「膝や肘、デリケートゾーンの黒ずみって気になりませんか?」と言われ確かに黒いなと思いました。

 

それを伝えるとまず、黒ずみになる原因について説明をしてくださいました。

 

膝の場合、膝をついたり保湿をしないままジーンズやスキニーをはいたりすると摩擦が起き、肌はそれを守るためにだんだん皮膚を固くして色素沈着を起こすみたいです。

 

肘は机に肘をついたり長袖を着ているだけでも知らず知らずのうちに皮膚は色素沈着を起こします。

 

デリケートゾーンの場合はパンツのゴムが擦れたり、用を足したあとにペーパーで拭き取るのも黒ずみになる原因だと言ってました。

 

摩擦から守るためにはとにかく保湿が大切です。

 

入浴中は黒ずみが気になるからと言ってゴシゴシ洗うのも逆効果でケアをするならばスクラブを使って黒ずみが気になる部分を優しくマッサージするといいみたいです。

 

スクラブは黒ずんだ肌も再生してくれる効果もありツルツルスベスベになることでボディクリームの浸透もよくなります。

 

スクラブマッサージをしてボディクリームで保湿を根気よく続けていけばだんだん黒ずみは薄くなってきます。

 

あとは、膝をつかない、肘をつかない、パンツはゴムのキツイものを避けるかボクサータイプのをはき摩擦から少しでも避けるといいです。私も毎日これらを意識して続けています。

 

肌は常にしっとりとしていて黒ずみの部分も柔らかくなり薄くなってきています。

 

ぜひみなさんもお試しください。

 

 

デリーケートゾーンの黒ずむ予防はコレ!

デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因は摩擦による刺激です。

 

特にVラインは下着のゴムがあたる部位で日常の動作で擦れたり食い込んだりと肌への負担がかなりあります。

 

デリケートゾーンはその名の通り皮膚が薄くて柔らかいので、こういった外部刺激を受けると角質を分厚くして皮膚を守ろうとします。これが黒ずみの正体です。Vラインの肌をよく見てみると、ゾウの皮膚みたいになっていませんか…?

 

黒ずみを防ぐにはサイズの合わないキツイ下着を履かないことです。とは言っても歩いたりすることで下着のゴムによる摩擦はどうしても避けられません。

 

寝る時や部屋で過ごしている時はいつもの下着を男性用のボクサーパンツなどゆったりしたものに変えてVラインを締め付けや摩擦から解放してあげるといいでしょう。

 

もちろん、ノーパンでもいいですよ。

 

保湿をすることも有効です。肌を柔らかく保つことで外部刺激から守れるので黒ずみになるのを防げます。

 

こってりしたクリームよりもローションタイプのほうが乾燥した肌にしっかりと浸透するのでオススメです。

 

性器まわりのIラインも黒ずみやすい部位です。

 

オリモノや生理といった分泌物による炎症やナプキンによるかぶれ、こすり洗い、性交渉時の摩擦などが原因になります。

 

Iラインを洗う時はナイロンタオルを使うことは避けましょう。

 

Iラインは汚れや臭いが気になることからゴシゴシと力を入れて洗いたくなるかもしれませんが、石鹸をつけて指でやさしくなでるように洗うだけにしましょう。

 

その後、保湿をして皮膚をふっくらさせておけば黒ずみの予防になるでしょう。デリケートゾーン用のイビサクリームがあるので、試してみては?

 

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム